ストレス ホルモン 肌 劣化

メンズ&大人ニキビケア化粧品ランキング

メンズ(男性)ニキビケア化粧品ランキング(当サイト人気順)

ベルブラン

シミ・凸凹肌の改善も期待できるニキビ跡専用美容液

肌への浸透を高める成分を配合しているので、有効成分が肌の奥までしっかり届きます。そのため、高い効果が期待でるニキビ跡ケア美容液です。3つの保湿成分を配合して、ニキビできない健康的な肌にも導いてくれます。

ビーグレン ニキビケア

1週間でニキビ撃退!驚きの効果でリピーター続出!!

口コミだけで大人気!その秘密は、“肌への負担が少ないの洗顔”と“潤いをアップさせる保湿ゲル”、“高浸透ビタミンC美容液”。驚くほど早くニキビが改善!ニキビ跡の改善の期待も!まさに、大人のニキビケアにぴったり!

ルナメアAC
ルナメアAC

新しいタイプのニキビケア化粧品

肌への優しさと保湿に注目したニキビケア化粧品。徹底的な保湿で、ニキビができない肌に導きます。大人のニキビケアにぴったりです!


ストレス・疲労、ホルモン|肌を劣化させる5つの内的要因【2】

読了までの目安時間:約 5分

 

肌や体は、年齢を重ねるとともに老化&劣化してしまいます。

肌を劣化させる原因には、体の外からの『外的要因』と、体の調子からくる『内的要因』があります。

そこで、前回、肌を劣化させる外的要因と内的要因の一部(加齢、代謝不調、栄養バランス)についてお話ししました。

※劣化させる内的要因は、加齢だけじゃない
肌を劣化させる3つの外的要因。原因を知って劣化を防止しよう

肌を劣化させる5つの内的要因|加齢、代謝不調、栄養バランス【1】

今回も続きとして、『体や肌を劣化させる内的要因その2(ストレス・ホルモン)』についてお話ししますね。


ストレス・疲労|肌を劣化させる内的要因

ストレスは、体の外からの有害な刺激「ストレッサー」によって引き起こされる体の変化です。

このストレスも、肌や体を劣化させる要因になります。

ストレスを引き起こすストレッサーには、

・暑さ、寒さ、騒音などの「物理的なもの
・嫌なにおいなどの「化学的なもの
・細菌、ウイルスなどの「生物学的なもの
・人間関係の悩み、経済的な悩みなどの「社会学的なもの

の4つがあります。


私たちの体には、健康を維持するためにバランスを保とうとする力である「ホメオスタシス」が備わっています。

このホメオスタシスは、脳がコントロールしていて、「内分泌系」「神経系」「免疫系」の3つの仕組みが、お互いに関連しあって機能しています

けれど、過剰なストレスがかかると、脳のコントロールが乱れ、ホメオスタシスが乱れてしまうと考えられています。


内分泌系」は、肌に影響を与えます。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は、シミの原因となるメラノサイトのメラニンの生成を促すといわれています。

また、ストレスによるホルモンの不調によっても、シミができるといわれています。


免疫系」は、自律神経と大きく関係しています。

交感神経が優位にある状態が続くと炎症を起こしやすくなり、副交感神経が優位にある状態が続きすぎると、リンパ球が増えてアレルギー症状がでやすなるといわれています。


神経系」としては、ストレスと過度に受けると、交感神経が強く働くようになります。

交感神経が優位になると、心拍数が高くなり、血管が収縮して血流が悪くなり、汗が出てきます。

さらに、消化活動も抑制されるなどにより、体調が悪くなってしまいます。

心拍 血管 発汗 消化
交感神経 > 副交感神経 増加 収縮 促進 抑制
交感神経 < 副交感神経 減少 拡張 減退 活発
(引用元:日本化粧品検定2級・3級対策テキスト)

このように、ストレスや疲労は、肌や体の劣化・老化に大きく影響しているんです。


ホルモン|肌を劣化させる内的要因

ホルモンも、肌や体の劣化に大きく影響しています。

というのも、加齢とともに、若さを保つ2つのホルモンが減少するからです。

ひとつめの卵胞ホルモン(エストロゲン)は卵巣から分泌され、肌の弾力を保つコラーゲン線維を増やし、肌の水分を保持する作用があります。しかしこの卵胞ホルモンは、30代後半から徐々に減少し、肌老化が加速するといわれています。

もうひとつが成長ホルモン。脳下垂体から分泌されます。子供の成長には欠かせないホルモンで、大人では肌を含めた組織の修復をする重要な役割をになっています。この成長ホルモンは起きているときには分泌が抑えられているため、睡眠が大切です。
(引用元:日本化粧品検定2級・3級対策テキスト)



このように、ホルモンも肌や体の劣化に大きく影響しているんです。

加齢はどうしようもありませんが、睡眠をしっかりとることで成長ホルモンの分泌を促すことが、若さを保つためには大切なんですよ。


また、女性は、生理前に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)によっても、肌の状態が影響されます。

黄体ホルモンは、皮脂分泌を増やしニキビをできやすくするといわれています。

さらに、イライラしたり、むくませたりもするんです。


このように、ホルモンも肌や体の劣化に大きく影響しているんです。


肌を綺麗に保つためには、肌を劣化させる「内的要因」と「外的要因」を取り除くことが大切です。

これら要因を取り除いて、若々しい肌を保ってくださいね。

メンズ(男性)ニキビケア化粧品ランキング(当サイト人気順)

ベルブラン

シミ・凸凹肌の改善も期待できるニキビ跡専用美容液

肌への浸透を高める成分を配合しているので、有効成分が肌の奥までしっかり届きます。そのため、高い効果が期待でるニキビ跡ケア美容液です。3つの保湿成分を配合して、ニキビできない健康的な肌にも導いてくれます。

ビーグレン ニキビケア

1週間でニキビ撃退!驚きの効果でリピーター続出!!

口コミだけで大人気!その秘密は、“肌への負担が少ないの洗顔”と“潤いをアップさせる保湿ゲル”、“高浸透ビタミンC美容液”。驚くほど早くニキビが改善!ニキビ跡の改善の期待も!まさに、大人のニキビケアにぴったり!

ルナメアAC
ルナメアAC

新しいタイプのニキビケア化粧品

肌への優しさと保湿に注目したニキビケア化粧品。徹底的な保湿で、ニキビができない肌に導きます。大人のニキビケアにぴったりです!


 

タグ :   

アンチエイジング

この記事に関連する記事一覧