メンズ 大人ニキビ 化粧品

メンズ&大人ニキビケア化粧品ランキング

ニキビ跡も治したい!ケア化粧品ランキング


ニキビ跡も治すニキビケア用品の選び方!

bullet029肌に負担をかけずに、毛穴の皮脂・汚れを落とす!
bullet029肌の水分量をアップ&潤いキープ(保湿する)!
bullet029ビタミンCが、肌の奥までぐんぐん浸透するケア用品!

ビタミンCは、ニキビケアに効果的なことはもちろん、
肌の奥まで浸透すると、

・ニキビ跡の改善
・美肌効果
・しわ、たるみ、ニキビの凸凹後の改善
・肌の新陳代謝(生まれ変わり)の促進

など、ニキビ跡ケアの効果が期待できます。

しかも、ビタミンCの美白効果は、厚生労働省も認可しているんですよ。

ニキビ跡を治すには、ニキビを治しニキビのできない肌を作りながら、ビタミンCを肌の奥まで届けることが、とても効果的です。

ニキビ跡も治すニキビケア化粧品ランキング

ビーグレン(b.glen) ニキビケアセット

1週間でニキビ撃退!驚きの効果でリピーター続出!!

口コミだけで大人気の!その秘密は、“肌への負担が少ないの洗顔”と“潤いをアップさせる保湿ゲル”、“高浸透ビタミンC美容液”。驚くほど早くニキビが改善!ニキビ跡の改善の期待も!まさに、男性のニキビケアにぴったり!


ベルブラン

シミ・凸凹肌の改善も期待できるニキビ跡専用美容液

肌への浸透を高める成分を配合しているので、有効成分が肌の奥までしっかり届きます。そのため、高い効果が期待でるニキビ跡ケア美容液です。3つの保湿成分を配合して、ニキビできない健康的な肌にも導いてくれます。


プリモディーネ

高浸透・高濃度ビタミンCをすべてに配合!

高浸透・高濃度ビタミンC誘導体『APPS』を洗顔、化粧水、ジェルクリームのすべてに配合。ニキビケア・ニキビ跡ケアに最適なビタミンCが、ニキビの悩みをスッキリ解決します。



ニキビ跡やニキビケアにビタミンCが効果的なわけ

ビタミンCは、ニキビケアやニキビ跡を改善するのに効果的な成分です。

ビタミンCには、ニキビケア・ニキビ予防・ニキビ跡のケア・毛穴を目立たなくするなどの効果があります。
さらにコラーゲンの生成を促進する・肌細胞の生まれ変わりを促進する効果もあるります。

なので、傷んだ肌を内側から修復して凸凹肌も改善します。

では、ビタミンCならどれでもいいのでしょうか?
また、他の成分ではだめなのでしょうか?

ビタミンCは、酸化しやすく、不安定な成分です。
また、ビタミンCは水溶性で、肌は脂性なので、なかなか肌に浸透しません。

ニキビ跡ケアには、特別な技術で、皮膚の奥までぐんぐん浸透するビタミンCを選ぶことがポイントです。

ですが、ビタミンC誘導体は、ビタミンCの純度が低くなってしまいます。

純粋なビタミンCを100%とすると、ビタミンC誘導体は50%~15%の純度になってしまうんです。
(水溶性ビタミンC誘導体の方が純度が高く、油容性になると純度が低くなります)

そこから、「この美容液はビタミンCの配合率10%です」という商品は、ビタミンCの濃度は、5%~1.5%にまで下がってしまうんです。

なので、ビーグレンのビタミンC美容液のように、純度が高く、高浸透のビタミンC美容液を選ぶことで、より効果的にニキビ跡もケアすることができるんです。

さらに、ニキビ跡の改善には、ニキビを治し、ニキビができない肌を作ることも大切です。

ニキビケアには、肌に優しく毛穴の皮脂や汚れを落とす洗顔と、しっかり保湿できるものを使用することが重要。

ですが、ニキビケア用品の中には、ビタミンA(レチノール)の誘導体やサリチル酸、過酸化ベンゾイルなどの成分が使われている物もあります。
これら成分は、乾燥肌や肌が弱い人には刺激が強すぎます。

ビタミンCは、肌に優しく刺激も少ないので、安心して使用できる、ニキビケア・ニキビ跡ケアに最適な成分なんです。

ニキビ・ニキビ跡の改善は、高濃度・高浸透ビタミンCで!

kochiraビーグレンのビタミンC美容液を試すならココ!

 

ニキビケア用品には、ニキビを治す、ニキビ予防する以外にも製品によって様々な効果があります。

・ニキビ跡を改善してくれる
・凸凹肌の改善
・毛穴を目立たなくしてくれる
・肌にハリや弾力を持たせてくれる
・黒ずみを消してくれる
・脂性肌、乾燥肌を改善してくれる
・皮脂分泌の抑制
・ストレス抑制

など本当に様々です。

ニキビで悩んでいる方は、ニキビ跡やでこぼこ肌で悩んでいる方はとても多いです。

ニキビ跡やニキビケアにはビタミンC配合の化粧品がオススメです。

レチノイド、トレチノインとも呼ばれるビタミンA(レチノール)の誘導体やサリチル酸、過酸化ベンゾイルは敏感肌、乾燥肌など肌が弱い方には刺激が強すぎます。

ビタミンCは、肌の弱い方でも大丈夫。

けれど、全てのビタミンCならいいかと言うとそういうわけではありません。
油容性のビタミンC誘導体はニキビを悪化させてしまいます。

また、ビタミンCはなかなか肌に浸透しません。
浸透性の高いビタミンCが配合されていて、油容性ではないものがニキビケアにはお勧めです。

このページを参考にして、ぜひニキビ治療と同時に、ニキビ跡の悩みも一緒に解決してくれる商品を見つけてください。