防腐剤 パラベン 化粧品

メンズ&大人ニキビケア化粧品ランキング

メンズ(男性)ニキビケア化粧品ランキング(当サイト人気順)

ベルブラン

シミ・凸凹肌の改善も期待できるニキビ跡専用美容液

肌への浸透を高める成分を配合しているので、有効成分が肌の奥までしっかり届きます。そのため、高い効果が期待でるニキビ跡ケア美容液です。3つの保湿成分を配合して、ニキビできない健康的な肌にも導いてくれます。

ビーグレン ニキビケア

1週間でニキビ撃退!驚きの効果でリピーター続出!!

口コミだけで大人気!その秘密は、“肌への負担が少ないの洗顔”と“潤いをアップさせる保湿ゲル”、“高浸透ビタミンC美容液”。驚くほど早くニキビが改善!ニキビ跡の改善の期待も!まさに、大人のニキビケアにぴったり!

ルナメアAC
ルナメアAC

新しいタイプのニキビケア化粧品

肌への優しさと保湿に注目したニキビケア化粧品。徹底的な保湿で、ニキビができない肌に導きます。大人のニキビケアにぴったりです!


防腐剤フリー、パラベンフリーのスキンケア化粧品は要注意

読了までの目安時間:約 6分

 

近年は、自然派志向の人が多くなり、「防腐剤フリー」や「パラベンフリー」とうたっているスキンケア化粧品が増えました。

たしかに防腐剤は、できるだけ少ない方が安心です。

けれど、防腐剤が全く使われていないスキンケア化粧品も、要注意なんです。

そこで、『防腐剤フリー、パラベンフリーのスキンケア化粧品は要注意』についてお話ししますね。


防腐剤フリーのスキンケア化粧品は、腐らない原料が使われていることも

「“防腐剤フリー”、“パラベンフリー”のスキンケア化粧品は安全」と思っている人は、少なくありません。

とくに、安全志向や自然派志向の人は、このように思っているかもしれません。

ですが、防腐剤フリーやパラベンフリーは、決して安全というわけではないんです。

防腐剤フリーの化粧品には、大きく分けて3つのタイプがあり、それぞれ注意が必要なんです。

腐らない原料でできている

そもそも腐らない原料で作られている無添加化粧品があります。

「原料が腐らないなら良いじゃん」と思うかもしれませんが、そうではありません。

腐らない原料のスキンケア化粧品は、ビニールやシリコンの樹脂などの“合成ポリマー”でできているんです。


化粧品は、薬事法で「3年間は品質に変化が起きてはいけない」と決まっています。

そして、合成ポリマーは半永久的に腐らないので、防腐剤を入れる必要がないんです。

ですが、合成ポリマーでできた化粧品を使い続けると、肌のバリア機能が壊れてしまうため要注意です。

防腐剤はパラベンだけじゃない

無添加化粧品のなかには、「パラベンフリー」と記載されているものがあります。

パラベンフリーと書かれていると、防腐剤が入っていないように見えます。

けれど、防腐剤は、パラベンだけではありません

「パラベンフリー」と書かれているスキンケア化粧品には、ほとんどの場合、国が防腐剤として規定しているパラベン以外の成分が入っています。

天然の防腐剤と言われる成分が入っている

自然派化粧品やオーガニックコスメのなかには、「防腐剤なし」や「防腐剤フリー」と書かれているものがあります。

このようなスキンケア化粧品には、天然の防腐剤といわれる成分が多く使われています。(ヒノキチオール、ローズマリーエキス、オレンジオイル、テンペル、グレープフルーツ種子エキス、ティーツリー、ラベンダー油、アロエベラエキス、チョウジ、ユーカリ油、セージ油など)

「天然成分なら、安全でしょ?」と思う人も多いかもしれませんが、実は、パラベン以上に危険性が指摘されている成分もあるんです。

たとえばヒノキチオールは催奇形性について報告がありますし、アロエベラエキスにはアロミチンやアロエチン、アロエシンという抗菌・抗カビ成分があり、濃縮液は防腐剤としても販売されています。もともと殺菌剤としての作用があるため、傷ややけどの処置に使えるとして、医薬品ではないものの、欧米では薬局で販売されています。

グレープフルーツシードオイルという名でも知られるグレープフルーツ種子エキスも防腐剤です。オレンジやユズもふくめ、柑橘系は種を守るために、種のなかに毒を溜める傾向があります。グレープフルーツ種子には、塩化ベンゼトニウムや塩化ベンザルコニウムという陽イオン合成界面活性剤の成分があり、これには強い殺菌作用があります。
(引用元:ウソをつく化粧品)


このように、天然成分だから安全というわけではないんです。

ちなみに、安息香酸も天然の防腐剤です。


天然の防腐剤は、これまでの防腐剤よりも安全なものがあるかもしれませんが、研究の歴史は短いので人体への影響はそれほど分かっていません

しかも、天然の防腐剤だけで作った場合、従来の防腐剤よりもたくさんの量を使う必要があり、5~20%以上の高濃度で配合されています

人体への影響ははっきりせず、高濃度で配合されているとなると、要注意という理由が分かりますよね。


必要最低限しか入っていない防腐剤を選ぼう

薬事法で、スキンケア化粧品は「3年は品質が変化してはいけない」と決まっています。

そのため、防腐剤ゼロの商品は存在しません。

もし本当にあったとしたら、そのスキンケア化粧品は、雑菌まみれになっていたり、腐ったりしています。


では、どのようなスキンケア化粧品を選べばいいかというと、必要最低限の防腐剤しか配合していないスキンケア化粧品です。

雑菌の繁殖を抑える分は配合しつつも、必要以上には配合しないで皮膚に悪影響を与えない量のものです。

肌に優しいスキンケア化粧品を探している人は、このようなものを選んでくださいね。

メンズ(男性)ニキビケア化粧品ランキング(当サイト人気順)

ベルブラン

シミ・凸凹肌の改善も期待できるニキビ跡専用美容液

肌への浸透を高める成分を配合しているので、有効成分が肌の奥までしっかり届きます。そのため、高い効果が期待でるニキビ跡ケア美容液です。3つの保湿成分を配合して、ニキビできない健康的な肌にも導いてくれます。

ビーグレン ニキビケア

1週間でニキビ撃退!驚きの効果でリピーター続出!!

口コミだけで大人気!その秘密は、“肌への負担が少ないの洗顔”と“潤いをアップさせる保湿ゲル”、“高浸透ビタミンC美容液”。驚くほど早くニキビが改善!ニキビ跡の改善の期待も!まさに、大人のニキビケアにぴったり!

ルナメアAC
ルナメアAC

新しいタイプのニキビケア化粧品

肌への優しさと保湿に注目したニキビケア化粧品。徹底的な保湿で、ニキビができない肌に導きます。大人のニキビケアにぴったりです!


 

タグ :  

化粧品の注意事項

この記事に関連する記事一覧