メンズ(男性)ニキビケア化粧品ランキング(当サイト人気順)

ビーグレン ニキビケア

1週間でニキビ撃退!驚きの効果でリピーター続出!!

口コミだけで大人気!その秘密は、“肌への負担が少ないの洗顔”と“潤いをアップさせる保湿ゲル”、“高浸透ビタミンC美容液”。驚くほど早くニキビが改善!ニキビ跡の改善の期待も!まさに、大人のニキビケアにぴったり!

ルナメアAC

新しいタイプのニキビケア化粧品

肌への優しさと保湿に注目したニキビケア化粧品。徹底的な保湿で、ニキビができない肌に導きます。大人のニキビケアにぴったりです!

ベルブラン
ベルブラン

シミ・凸凹肌の改善も期待できるニキビ跡専用美容液

肌への浸透を高める成分を配合しているので、有効成分が肌の奥までしっかり届きます。そのため、高い効果が期待でるニキビ跡ケア美容液です。3つの保湿成分を配合して、ニキビできない健康的な肌にも導いてくれます。


肌のコラーゲンを増やすには口径摂取よりも“ビタミンC”が効果的

目安時間:約 6分

シワやたるみに関係する肌のコラーゲン。

そのため、多くの女性は、肌のコラーゲンを増やそうと
コラーゲン食品を食べたり飲んだりしていますね。


ですが、肌のコラーゲンを増やしたいと思ったら、
化粧品によるアプローチが、最も効率的なんですよ。

といっても、コラーゲンを肌に塗っても、肌のコラーゲンは増えません。

実は、別の成分を塗ることが、肌のコラーゲンを増やすのには大切なんです。

というわけで、今回は、
肌のコラーゲンを増やしたいなら、化粧品によるアプローチが効果的』と
肌のコラーゲンを増やす成分』についてお話しますね。


コラーゲン食品を飲んでも食べても、肌のコラーゲンは増えない

水を除けば、真皮層の約70%締めていると言われるコラーゲン。

そのため、コラーゲンを摂取すれば、
「肌がぷるぷぶになる」
といわれることも多いですね。

ですが、コラーゲンを摂取しても、そのまま肌のコラーゲンになることはないんです。


コラーゲンというと、肌の弾力を担っている物質だと
多くの人は思っています。

ですが、実は、皮膚、骨、足の腱(ケン)、血管など、
体のさまざまなところに存在しているんです。

コラーゲンの成分はタンパク質で、私たちの体にあるタンパク質の
約3分の1はコラーゲンでできています。


コラーゲンなどのタンパク質は、食べ物や飲み物として摂取すると
消化されてアミノ酸になります。

そして、小腸から吸収されて、骨や筋肉などで必要に応じて使われ、
最後に皮膚に使われます


さらに、アミノ酸で何をどのくらい作るかは、ホルモンによって
コントロールされ、肌のコラーゲンは女性ホルモンが担っています。

ですが、この女性ホルモンは、30代から減り始めます。

そのため、アミノ酸があっても、女性ホルモンが少ないので
コラーゲンを作ることができないんです。


このように、コラーゲンを食べ物や飲み物で摂取しても、
肌に栄養が回るのは最後であり、さらに、女性ホルモンの減少で、
コラーゲンを作ることができないんです

なので、コラーゲンを食品で摂取しても、肌のコラーゲンは増えないんです。


コラーゲンは肌の奥まで浸透しない!浸透しても定着しない!

さらに、コラーゲンは、化粧品で肌に塗っても、真皮層には
届かないので肌のコラーゲンは増えません。


肌には、角質層などのバリア機能があるため、
分子量が大きいものは浸透することができません。

肌に浸透できる分子量の大きさは、

・分子量が3,000以上は、肌に入ってこれない
・分子量が3,000以下なら、皮膚表面を通過して、角質層まで入ってこれる
・分子量が800以下で、肌を浸透して、真皮層まで届く
・分子量が300以下だと血管の中に侵入できる

と言われています。

そして、コラーゲンの分子量は、

・動物性コラーゲンの分子量が30万~40万
・海洋性コラーゲンは10万
・加水分解コラーゲンが約1万
・コラーゲンペプチドが3,000~5,000
・超低分子コラーゲンが500~1,000

となっていて、超低分子コラーゲン以外は、
肌に浸透することはできないんです。


また、一般的に、化粧品に入っているコラーゲンは、魚などから作られています。

そのため、もし肌に浸透することができたとしても、
人の体は自分のもの以外は定着しないんです。

なので、コラーゲンを塗っても、肌のコラーゲンは増えないんです。


ただし、コラーゲンは水分を保持する力が強いです。

そのため、角質層の水分を保持する“保湿成分”として、
化粧品へコラーゲンを配合することはとても有効です。


肌のコラーゲンを増やすなら、この成分を肌に塗れ!

では、肌のコラーゲンを増やすには、どの成分がいいのでしょうか?

実際に効果が高いとされているのは、

・ビタミンC
・ナイアシン(ビタミンB3)
・レチノール(ビタミンA)

などです。


これらの成分が真皮層まで浸透すると、コラーゲンを生成する
『線維芽細胞』の働きが活発化します。

すると、コラーゲンの生成が促されるというわけなんです。

なので、ビタミンCやナイアシン、レチノール配合の化粧品を
使うことが、肌のコラーゲンを増やすのに効果があるんです。


ビタミンCは、コラーゲンの生成以外もの、さまざまな美容効果が期待できます。
ニキビ&ニキビ跡ケアにビタミンCは効果大!その理由は…

「肌のコラーゲンを増やしたい」
「綺麗で若々しい肌を保ちたい」
という人は、ビタミンCやレチノールなどが配合された
化粧品を日常的に使うといいですよ。

ちなみに、ビタミンCも食品として摂取するよりも
化粧品として肌に塗った方が、肌への効果が高まるんですよ。
ニキビケアには塗るor飲むビタミンCのどちらが効果があるの?

メンズ(男性)ニキビケア化粧品ランキング(当サイト人気順)

ビーグレン ニキビケア

1週間でニキビ撃退!驚きの効果でリピーター続出!!

口コミだけで大人気!その秘密は、“肌への負担が少ないの洗顔”と“潤いをアップさせる保湿ゲル”、“高浸透ビタミンC美容液”。驚くほど早くニキビが改善!ニキビ跡の改善の期待も!まさに、大人のニキビケアにぴったり!

ルナメアAC

新しいタイプのニキビケア化粧品

肌への優しさと保湿に注目したニキビケア化粧品。徹底的な保湿で、ニキビができない肌に導きます。大人のニキビケアにぴったりです!

ベルブラン
ベルブラン

シミ・凸凹肌の改善も期待できるニキビ跡専用美容液

肌への浸透を高める成分を配合しているので、有効成分が肌の奥までしっかり届きます。そのため、高い効果が期待でるニキビ跡ケア美容液です。3つの保湿成分を配合して、ニキビできない健康的な肌にも導いてくれます。


人気化粧品の体験レビュー
ニキビの悩み別ランキング
イチオシニキビケア化粧品
オススメニキビケア化粧品
カテゴリー
サイト内検索
今月の人気記事
最近の投稿
人気化粧品の体験レビュー

ページの先頭へ